春ねむり(エージェント)

1995年生まれ、横浜出身。17歳からバンドを始め、シンセを担当。21歳、突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始める。自身で全楽曲の作詞・作曲を担当。
活動をはじめて数ヶ月後には、正規音源未発売ながらBAYCAMP2016に出演。音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作で、リリックと歌唱を担当。
2016年10月、ファーストミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」でデビュー。
その後、デビュー3ヶ月でワンマンライブをソールドアウトし、複数のフェス・サーキットイベントへ出演。トラックメーカーとしての楽曲提供、ソロでの客演参加も盛んに行い、2017年3月にはリミックス作品をリリース。
そして、活動開始から一年、2017年6月、セカンドミニアルバム「アトム・ハート・マザー」をリリース。
これが新世代のジェイポップ、こころはロックンロール。

MV